3月7日 千代田区九段本社ビルにて。株式会社バスクリン様
人民日報日本版記者と同行インタビュー致しました。

株式会社バスクリンの古賀和則社長とお会い出来ました。
あの有名な津村順天堂の流れをくむ入浴剤の会社です
古賀社長の経営理念をお伺いしました。創業以来お客様の声をお聞きし
もう一度原点に立ち返ります。90年ずっと一緒にそしてこれからも
お客さまの健やかで心地良い生活の提供を目指して参りたいとの事でした。

今後は入浴剤は勿論のこと、健康食品や基礎化粧品およびヘアケア製品など
新分野にも挑戦していきたい。お客様へのまごころサービスを心掛け、
恩返し、社会還元の気持ちで良い商品を世に送り出したい。そして当社の
優れた商品をどうか使っていただきたい。社長様の真剣なまなざしに
心打たれ、日々の努力が最も大切なのだと深く学ぶことができました。以上
金幸 健一(人民日報理事)